GONGJU CITY

메뉴

朴東鎮パンソリ伝授館

  • 所在地忠清南道公州市武陵ジュンマルギル22-14
  • 観覧時間09:00~18:00(冬期 12~2月:09:00~17:00)、毎週月曜日休館

紹介

パンソリ(韓国歌劇)の大家である朴東鎮(パク・ドンジン、重要無形文化財第5号、赤壁歌芸能保有者)先生は公州市武陵洞出身であり、万苦の逆境の中でも生涯その芸術魂を燃やし続けた不死鳥である。そんな朴東鎮先生の出生地である武陵洞に後進の育成とパンソリの伝承を目的とするパンソリ伝授館を設立。パンソリの5つの基本(赤壁歌、春香歌、水宮歌、沈清歌、興夫歌)、聖書パンソリ、短歌、南道民謡等を指導する教育の場を設けている。
 朴東鎮先生は数え切れないほどの業績を残しているが、その中でも特にパンソリが絶滅の危機に瀕した際にパンソリ完唱大会を通じてその優れた腕前でパンソリ再生の先駆けとなったことが最も高く評価されている。八十を過ぎても身命を賭して構築してきた朴東鎮先生の芸術世界は、伝統パンソリから創作パンソリまで、舞台公演から学校教育や放送を通じた社会風刺的活動まで幅広く行われた。高齢にもかかわらず1000回を越える超人的な活動の幅と深さは、大木として私たちの側にそびえている。