GONGJU CITY

메뉴

麻谷寺

  • 所在地忠清南道公州市寺谷面麻谷寺路966(雲岩里567)
  • 観覧時間年中無休

紹介

寺谷面雲岩里にあり、その名の如く大きくて美しい山という意味を持つ「泰華山」には、曹渓宗第6教区の本山である「麻谷寺」がある。麻谷寺は百済武王(840年)時代に新羅の高僧である慈蔵律師によって創建された千年古寺で、多くの宝物を保有しており、大光宝殿の色褪せた丹青が古寺の風情を感じさせる。大光宝殿と大雄宝殿の横には金九先生が逗留していた白凡堂があり、松の香りが漂う白凡瞑想道をゆっくり散策したりハイキングしても良い。
※tip:白凡瞑想道は、白凡金九先生が日本統治時代に麻谷寺(白蓮庵)に逗留していた際に救国の一念に思いを馳せて修行していた道で、3つのハイキングコースがある。