GONGJU CITY

메뉴

ユネスコ世界遺産(World Heritage)とは

1972年の国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて、人類文明や自然遺産など、顕著な普遍的価値を持つ物件を世界遺産リストに登録し、保護・保全することによって後世に継承される遺産。

  • 공산성 사진(전경)

    [ 公山城 ]

  • 송산리고분군 사진(전경)

    [ 宋山里古墳群 ]

百済歴史遺跡地区の価値

百済は、紀元前18年から西暦660年までの約700年間にわたって存続した三国時代の一国家である。百済歴史遺跡地区は百済後期(475∼660年)の文化遺産で、公州・公山城の王宮址と王宮付属施設址、百済土城、宋山里古墳群の王陵、国立公州博物館の扶余官北里遺跡、扶蘇山城、定林寺址、陵山里古墳群、羅城、そして益山の王宮里遺跡と弥勒寺である。

百済後期は中国から都市計画、建築技術、芸術、宗教が取り入れられ、百済ならではの独創的な文化発展を遂げて日本や東アジアに伝播した。

これは、百済が東アジア交流の拠点として百済文化の国際性と開放性を示す「顕著な普遍的価値(OUV : Outstanding Universal Value)」として認定され、その真正性(Authenticity)と完全性(Integrity)に世界の人々が注目したためである。

古代王都の生活文化が把握できる王宮、造園、古墳、工芸品などの文化遺産が完全な状態(国家文化財)で保存(真正性)されており、これを保存・保全するための法的管理体系(完全性)を整えて世界遺産となった。