GONGJU CITY

메뉴

百済史の鍵、宋山里古墳群

宋山里古墳群は、熊津都邑期(475∼538年)の百済の王陵群で、これまで7基の古墳が発掘された。1号墳から5号墳までは石造りの横穴式石室構造で、武寧王陵と6号墳はトンネル式のレンガ造り(磚室墳)である。特に、武陵王陵は盗掘されていない完全な状態で発掘され、築造時期(525年)も明らかであり、古墳の形と出土遺物から中国や日本などの周辺国家との交流が盛んに行われていた百済人の国際性を垣間見ることができる。

武陵王陵

武陵王陵は、百済第25代武寧王とその王妃の陵で、1971年に排水路工事中に偶然発見された。被葬者の身元が分かる韓国古代の唯一の王陵で、1,500年前の華やかで洗練された美意識とレベルの高い技術工芸から燦爛たる百済文化が窺える。

熊津百済歴史が分かりやすく学べる!

熊津百済歴史館は、百済歴史のコンテンツとITシステムを活用した教育と体験が行える映像館と展示館を設けている。宋山里古墳群模型展示館には、武陵王陵と5・6号墳の実物大が再現されており、百済王陵の発掘過程を目で見て実際に体験しながら百済文化を学ぶことができる。

宋山里古墳群の北側には、百済王室の祭祀施設である「艇止山遺跡(史跡第474号)」があり、錦江と公山城、錦江鉄橋が一望できる。国立公州博物館は、武陵王陵の出土遺物が展示されている武陵王陵室、忠清南道地域の古代∼統一新羅時代の歴史と文化が展示されている忠清南道古代文化室、野外展示場と文化体験室が設けられている。