GONGJU CITY

메뉴

住居生活

韓国の一般的な住居形態としては、 一戸建て住宅、アパート、オフィスビル、多世帯住宅などがあります。最近の都市に住んでいる韓国の人々は生活の便利さのためにアパートなどの共同住宅に住むことを好みます。韓国の人々は家を所有することを大事にします。韓国の住宅価格は非常に高い方で、農村部よりも都市の住宅価格がはるかに高いです。

家を探す

  • 傳貰(チョンセ )

    韓国でしか見られないユニークなレンタル方式で、住宅所有者に一定の金額を保証金として出して、一定期間、その家に住み、契約期間が終われば 再び全額を取り戻します。家全体を借りることもあり、いくつかの空間(一階、または1~2個の部屋)のみを借りることもできます。家全体を借りる場合、保証金は、住宅価格の60~70%ほどです。傳貰契約は通常、2年単位とし、家主は入居者が望まない限り、2年以内には契約を破棄できないように法律により規定されています。

  • 家賃

    一定の金額を保証金として出し、毎月の使用料を支払うレンタル方式です。代わりに、同じ規模のスペースを借りるときに傳貰より保証金がはるかに安いです。契約時に大家さんとよく相談すると、保証金と月使用料を調整することもできます。保証金を高くすると、毎月の使用料が少なくなり、保証金を低くすると、毎月の使用料がそれだけ多くなります。家賃は部屋のサイズや数、施設によって少しずつ異なります。傳貰賃貸契約には、光熱費(電気代、水道料金、ガス料金、電話料金、インターネット使用料、TV受信料など)が含まれていないため、入居者が別途負担します。家具や家電製品にはついていないため、別途用意しなければなりません。

  • 家を求める際に確認すべき点

    韓国で部屋を入手するにはいくつかの方法があります。街についたチラシを見て直接尋ねて家を入手する方法もありますが、最も一般的な方法は、不動産仲介業者を利用することです。不動産仲介業者を利用すると、確認すべきことを代わりに確認してくれたり、契約時に必要な書類を用意してくれたりします。不動産仲介業者を利用すれば、手数料を支払わなければなりません。

  • 契約
    • 契約相手

      契約書には必ず大家さんと作成しなければなりません。契約書には、居住期間、保証金の金額、家賃の金額などが記されています。ところが、場合によっては大家さんと直接契約することなく、その部屋に住んでいた入居者との契約をした後、その人に保証金を支払う場合があります。この場合、もし大家さんが、その契約内容を認めない場合は、保証金を全然取り戻すことができません。そのため、契約書を書くときは、必ずその家の所有者が誰であるかを確認し、所有者と直接契約をしなければなりません。登記簿謄本をみると、住宅の所有者が誰なのかすぐに確認することができます。

    • 登記簿謄本

      契約前に登記簿謄本を確認することは、家を綿密に調べること以上に重要なことであります。登記簿謄本を見れば、大家さんの名前、住所、家の面積や構造、家主の債務関係などを確認することができます。登記簿謄本は、登記所で発行することができ、インターネットで発給を受けることもありますが、よくわからない場合は、周辺の韓国人の同僚にお願いするのが望ましいです。

    • お支払い金額と方法

      契約金は、一般的に保証金の10%で、保証金が200万ウォンの部屋なら契約金は20万ウォンになります。残りの180万ウォンのうち一部は、入居前に日付を決めて支払い、残りは入居する日に支払います。入居する日の残高をまとめて払う場合も多いです。領収書を必ず準備しておきましょう。

  • 契約期間満了と保証金を返金

    契約期間が終了する前に引越しをせざるをえない場合がしばしばあります。この場合、家主は保証金を返しながら、残りの期間の家賃を控除することがあります。たとえば、保証金200万ウォンの家賃15万ウォンの部屋に住み、契約満了3ヶ月前に部屋を移すことになったとしましょう。

    すぐに新しい入居者が決まれば何の問題もありませんが、ない場合は、家主が敷金から、残りの3ヶ月分の家賃45万円を抜いて155万ウォンだけ返しても違法だとはいえませんが、契約期間が満了され、満了日から最低1ヶ月前に家主に家を移しますと事前に言ったのに、大家さんが新しい入居者が決まっていないという理由で保証金を返さなければ、それは違法になります。このような場合には民事訴訟で、裁判所の判決を受けなければお金を受け取ることができます。

    しかし、訴訟をするには手続きが複雑なので、もしそのような状況に直面したときに一度の相談支援機関を訪ねて相談するのが望ましいです。

*Source : Danuri (The multicultural family support portal site)